Menu
Close 

      2017/12/02

採用担当のストレスとオススメの解消法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
中小企業向けのコンサル、介護チェーンの立ち上げを経て、採用や企業ブランディング、戦略策定の支援をしています。最近はリファラル(縁故)採用や、採用に特化した動画制作、自社サイトからのダイレクトリクルーティングの支援などなど。面白いことしかしたくないアラフォーです。妻1、子供2、大阪在住。通年ダイエット中。

このブログを見ておられる方は何かしらの形で採用に関わっていると思います。

で、皆さんどうですか?採用活動ってストレスたまりませんか?

私が採用実務に携わり初めて一番感じたのは、

「これまでのどの業務よりも気疲れする!」

でした。

それまで営業でも、組織を率いても、負担や責任は感じるもののストレスと言うものとは無縁だったのですが、採用に関しては違いました。

今回はそんな話とその解消法を考えてみます。

stress

採用担当のストレスとオススメの解消法

 

1.採用担当のストレスの原因

その1. 成果を測りにくい

採用活動は基本的に成果という指標を作りにくい仕事です。「いつまでに何人」ということはいえますが、真面目に会社のことを考えれば考える程、ただ単に数合わせではいけないという想いが強くなります。その為、常に採用担当は、「この人材を採用して良いのだろうか?」「採用後のチームでうまくやっていけるだろうか?」と自分のことのように考えてしまいます。もちろんそれは自分の影響の範囲外なので、どうしようも無いことなのですが、やっぱり考えてしまいますよね。

外資系の会社などは、面接に何人送り込んだか(採用母数の集客)、そのうち何人を採用して、採用後の業績達成率は…というKPIを設けているところもあります。これはこれで評価指標にはなりますが、その結果をこちらでコントロール出来ないと、やはりストレスとして返ってくるでしょう。

人は「周りに自分が役に立っている」と思えないと幸福感を感じられませんので、頑張った割には成果が見えないと、どうしても落ち込んでしまいます。

 

その2.業務に定石がない

面接をイメージするとわかりやすいですが、「こう聞けばその人の資質・能力を”絶対に”評価できる」という定石はありません。能力に関してもSPIなどの能力評価ツールも各社から開発されていますが、これも相対評価でしかないので、決定打にはなりにくいでしょう。こういったこともあり、何か定石になるような面接方法は無いかと考えだしたのが、以前お話した「バリューライン」という考え方です。(バリューラインの記事はこちら「面接力が劇的UP!明日からできるバリューライン法」)

また母数の確保もやはり定石がありません。新聞折込がよいのか、WEB媒体が良いのか、こういったことも常に探りながらしていかないといけないのは、もしかしたら商品が決まっている営業職以上に大変かもしれません。常にアンテナを張る必要があるからです。

新卒などは比較的対応しやすいかもしれませんが、それでも年々学生の数は減り、採用選考期間が毎年変わるなど、それはそれで大変だと思います。

 

その3.常にギリギリ

とはいえスケジュールという観点でいえば、新卒採用は比較的心に余裕が持てます。時期がずれるとはいえ、まだまだ日本では一括採用が主であり準備にも時間を割けるからです。

しかし、中途採用となるとそうはいきません。

「すみません。スタッフが急に来なくなったんです!すぐに補充の人を採用してもらえませんか?」

どうでしょう?恐ろしいですよね。恐ろしいですが、こういったことは多いのも事実。離職は基本的にイレギュラーなものが多く、こちらに準備をさせてくれる余裕はありません。私もやっと現場へのスタッフの補充ができて、広告出稿を取り下げた次の日に、このような連絡をもらって焦った経験がなどもアリます。

その意味で常に防戦一方。離職が多い現場を抱えていると、ギリギリの状況を綱渡りしているような印象さえありました。

 

その4.褒めてもらえない

そして何よりもこれが一番ですが、褒めてもらえません。補充をした時に感謝はありこそすれ、その結果や全体の業務に対しての評価が、企業によってマチマチなのも特徴的です。

これはそもそも非常に高度な個人情報を扱うためでもあります。安易に会話にもできないですし、そもそも採用した人材が会社の評価を受けるのは、入社後しばらく時間がかかります。また、仮にその人材が成果を出したとしても、それは本人の評価であって、採用した人間が評価されるということはかなり制度として成熟した会社でないと難しいと思われます。

 

このように採用業務はストレスを抱えやすい仕事ですが、やはり良い人材に出会えたり、そういった人を採用できたときなどは、嬉しいものです。そこで、私が採用担当としてやっていたオススメのストレス解消法をご紹介します。

 

2.オススメのストレス解消法

採用した人材やその上司と会う

一番は採用後に、その人材や上司と話す機会を持つことです。どうしても規模の大きい企業で採用担当という業務についていると、入社後の様子を知るのは難しくなります。場合によっては入社後次にあったのは退職のときなど、洒落にならないことも多いです。

だからこそ、ぜひ社員となった人材やその上司に会うことをオススメします。その方が入社してよかったと喜んでいれば、こちらも嬉しいものです。また、悩んでいたら、相談にのってあげることもできます。つまり先に書いた他者に貢献できるチャンスにもなります。

上司と会うのも同様に良いと思います。もしその成果を上げていなくても、当然上司としては部下の成果を上げるためのアドバイスは歓迎すると思いますので、面接時・採用時の印象など役に立てる点はあるかと思います。

実はこういった活動は、他部署とのネットワークを作る意味でも価値があります。

 

面接ではわがままになる

面接の時もストレスが溜まります。面白くもない話を聞かないといけない、生意気な人材もいる。コミュニケーションを取れない人だっています。そういった人に対して、サービスでは無いので、細かく丁寧に話を聞いてあげる必要は無いと私は思っています。

心を開かない、コミュニケーションが上手でない人には、率直に「あんまりコミュニケーション上手ではありませんね」といってると意外と相手は、そこから本音で喋ってくれたりします。

こちらも人間なので、その場で思ったことをハッキリと言うと、面接後のストレスがだいぶ軽減できるので、これもオススメです。

 

1日のリセットのルーティンを持つ

最後は一日をリセットするルーティンを持つことです。これは別に採用担当だからということではなく、ビジネスマンはもちろん、どんなひとにも当てはまりますね。

私の場合は、仕事終わりに書店巡りをすることをルーティンにしていました。ちょうど最寄りの駅が書店に直結しているので、そこを通って帰るという感じで。

他にもお酒を飲む、半身浴をする、など色々な方法があると思います。

とにかく一日を締めて、次の日に移るためにキレイに一日が終わるような自分ルール・ルーティンを持つことはとても効果的なので、気軽にできて「気持ちがリセットできる」ようなものを決めて見てください。

 

まとめ

以上のように、採用担当の方は皆さんご自身で思っている以上にハードな仕事をしていると思います。ちょっとでもピンと来た方は、ここに書いて有ることを参考にして、やりがいのある毎日を過ごしましょう!!

この記事を書いている人 - WRITER -
中小企業向けのコンサル、介護チェーンの立ち上げを経て、採用や企業ブランディング、戦略策定の支援をしています。最近はリファラル(縁故)採用や、採用に特化した動画制作、自社サイトからのダイレクトリクルーティングの支援などなど。面白いことしかしたくないアラフォーです。妻1、子供2、大阪在住。通年ダイエット中。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中小企業の自走成長応援ブログ , 2016 All Rights Reserved.